• Background Image

    2016年9月4日(日)合気道精晟会新百合ヶ丘

    2016年9月7日

2016年9月7日

2016年9月4日(日)合気道精晟会新百合ヶ丘

新百合道場の稽古は土曜日なんですが、9月は変則的で4日と18日が日曜日です。どれくらい来られるのか一抹の不安があったのですが、ほぼフル参加で大変賑やかでした。子供が元気なのは良いことです。みんなガンガン走ってます。

安全に走り回れる場所すら少なくなってきていますので、元気に走るということだけでも子供の成長において重要であると思います。特に入門して日が浅い子供は遊びたがるものですが、日が経つにつれてだんだん真面目に稽古をするようになります。走るのは止めませんが(笑)。

日々、特に受けについて子供全員の成長を記録していますが、今回は一人の受けを修正しました。受けができるようになるにはプロセスがあって(上達の速さは人それぞれですが)、立って両手で回れる→立って片手で回れる→飛び受身ができる→手を使わないで回れる、となるのですが、飛び受身をできる段階になっても前方回転受身がきちんとできていることは稀です。

これは教え方のジレンマでもあるのですが、最初はどうしたって「安全に稽古をする」という観点から両手を斜めについて、右上腕に沿って回ることから入ります。そのまま片手に移行していくので下の画像のようになるのですが、受けによって身を守ることの第一義は「頭を守ること」です。

もちろん、これでもきちんと稽古ができるのですが、腕が斜めに入ることによって、実際に強く転んだときに生じるであろう問題点は、

1.地面と頭の距離が近くなること

2.衝撃を手と腕によって分散できてないこと
(もちろん、両手つきでも上手な人は手と頭の距離を保ったまま、まず手をつくので、それでも良いのだと思います)

2016090401

それで下のように修正をしました。

2016090402

受け(転んで)重要なことは、「まず手をつく」 そして「手と腕に体重を乗せない」

後者がなかなか難しく、やはり稽古の中で体得していくしかありません。でも、ひとつ前に進みました。

ではでは。

0 Comments

Leave A Comment

コメントを残す