• Background Image

    Blog - Seiseikai Yokohama Aoba & Shin Yurigaoka

    正面打ち(二)の崩し

2016年9月3日

2016年9月2日(金)合気道精晟会横浜青葉中川道場

9月2日の稽古は正純先生がご不在でしたので自習。新しい方がおいでになりました。正面打ち一か条抑え(二)を中心に、各自の個別稽古を行いましたので、今回の復習は、「正面打ち(二)の崩し」をやろうと思います。

実はですね。2016年8月30日(火)合気道精晟会横浜青葉の稽古は「正面打ち一か条抑え(二)」と「横面打ち一か条抑え(二)」の2本でしたが、両方とも「崩し」が焦点になっていまして、大変勉強になりました。特に横面打ちをしっかり撮ったつもりでいたのですが、何と動画がない!マカフシギ…。というわけで、これは2016年8月30日(火)合気道精晟会横浜青葉の稽古の断片です。

動画はこちら⇒https://plus.google.com/100701361867876066942/posts/bWH9sVAg2Ca

前回(2016年8月23日(火))では触れなかった部分の補則です。ちなみに、「左手の動き」のみの解説です。実際の技は右腕も使います。

■ポイント① 先生の左手(掴み手) その1

まず、正面打ちの受けの部分です。動画では00:09の部分。一瞬ですが、

2016083004

2016083003

左手は親指と人差し指の間で受けますよね。瞬間、手のひらを返す動きで相手を崩します。解説ですので動画も画像も雰囲気を伝えていませんが、実際に受けを取らせていただくと、上体が(右側面)が伸び上がるような形で崩されます。解説いただかないと、そうなっていることさえ、およそ分からないかもしれません。この崩しがあって、次の動きに繋げる事ができるのです。

■ポイント② 先生の左手(掴み手) その2

2016083001

2016083002

前回は崩す方向を取り上げました。この際、先生の左手はどうなっているか。まず、掴み手は離さない。左手でコントロールします。もう一点、手が返っているのが分かるでしょうか。これも「腕を伸ばす力」です。実際は更に「右腕の伸ばす力」が加わります。身体がしなるように吹っ飛びます。本当です。放り出される感じ。

「掴み手」「伸ばす力」が重要。

ではでは。